情報/CLIP STUDIO PAINTに環境設定のクラウド保存が実装

本日(2015-06-30)リリースされたCLIP STUDIO(Ver.1.1.9)より、CLIP STUDIO PAINTのソフトウェア設定が「CLIPクラウド」上に保存できるようになりました。

「CLIP STUDIO」と「CLIP STUDIO PAINT」は紛らわしいですが、前者はCLIP STUDIO関係のツール(PAINTの他にACTION、MODELER、COORDINATE)の起動やその素材と作品を管理するソフトウェアで、後者はその内のツールの一つです。
本来なら「CLIP STUDIO」の「PAINT」とでも表現すべきかもしれませんが、公式でもその辺ははっきり分けていないようなので、当サイトでもそうしています。

※今回のクラウド保存は、ほぼCLIP STUDIO PAINT関係のみで、他のACTION、MODELER、COORDINATEは一部の素材のみ可能のようです。

境設定の他に、キーボードショートカットや修飾キー、ツール/サブツール、ワークスペース等々も保存でき、新しいPCへの移行や別のPCとの同期が容易になりました。
※全てが保存される訳ではないので、詳細は公式のクラウドご利用ガイドの「対象データ」の欄をご確認ください。
 特にWindowsとMac間の移行(同期)では、反映されないものがいくつかあるようなので注意が必要です。

加えて「CLIPクラウド」はソフトウェア設定以外にも、その容量(10GB)が許す限り、
素材(テクスチャ、パターン、3Dモデル等の全データ。個別指定不可)と作品(個別指定可)のバックアップとしても利用可能です。
d027_0
▲CLIP STUDIOの上部に「クラウドバー」が追加され、そこからクラウドの設定と操作が可能に

C

LIPクラウドを利用するには、前提としてCLIP STUDIOをログイン状態で起動している必要があり、そのためにはユーザ登録も必要です。
ユーザ登録さえしていれば特に追加料金は無く、CLIP STUDIO専用ではありますが10GBのスペースが利用できるようです。

■バックアップおよび同期設定
ログインした上で、設定ブロックをクリックし、
d027_1
「クラウド設定」画面で、「クラウド利用」と「ソフトウェアバックアップ/素材の同期」のラジオボタンを「利用する」に、合わせて必要に応じてバックアップしたい作品を個別指定します。
d027_2
これにより、ソフトウェアバックアップはCLIP STUDIO起動時に1日1回、素材の同期は起動時およびデータの保存時に自動で行われるようになります。
※作品と違い素材は全て同期されるので、初回で数の多い場合はそれなりの時間を要すると思われます(公式によると目安として素材数6,000件、回線速度が100Mbpsの環境で4時間程度)

また任意のタイミングでのバックアップおよび同期も、CLIP STUDIOの設定メニューから可能です。
d027_3

■ソフトウェアリカバリー
ソフトウェアリカバリーブロック(前述のバックアップにより最終更新日時が表示されるように)をクリックし、
d027_4
「ソフトウェアリカバリー」画面で、復元したいバックアップを選択します(タイムスタンプの他にPC名でも判別可能、最大30件)
d027_5

その他取り扱いには諸注意がありますので、詳細は前述のクラウドご利用ガイドをご確認ください。

今までは半ば手動(目コピー)で設定していましたので、これでかなり楽になり助かります。

asobi_pic

講座/CLIP STUDIO PAINTのベクターで紐の輪郭線を作成

紐の輪郭線に代表されるような、およそ等間隔な2本の線を、以前の記事【情報/CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本(線修正ツール)】で触れたベクターレイヤーを利用し、比較的簡単に作成と調整が可能な方法について書きます。
 ※ある程度の線の太さが必要です。細い線が必要な場合は大きく描いて縮小を。
ラスターでそれぞれの線を1本ずつ描くよりは、短時間で作成できるかと思います。
d026_0
▲このようなベース線 → 輪郭抽出および線幅修正し輪郭線に。

1

ベクターレイヤーに適当なブラシで、
求める形のベースになる線を大まかに描きます。
その前に別レイヤーにラフを描いて、それを下敷きにしても良いでしょう。
1-1.
適当なブラシといっても、等幅かつ濃淡の激しくない「ペン」や「マーカー」のようなブラシが扱いやすいかと思います。
この工程はラスター形式で描いても良いですが、ベクター形式の方が前述の別記事でも書いた通り曲線の調整等がしやすいです。既にあるラスター画像を利用する場合は、そのまま使っても(わざわざベクターに起こさなくても)構いません。
そして線修正ツールのサブツール(「制御点」、「ベクター線描き直し等」。詳細は前述の別記事を参照)を適宜利用して制御点とベクター線を操作し目的の形にします。
d026_1
▲まずは1本の線で描いて形を調整。

2

CLIP STUDIO PAINTのレイヤー変換と、それに付随するベクターレイヤー変換設定を利用して輪郭線を抽出します。

※レイヤーをコピーして1本線の状態も残しておいたほうが後々便利です(この記事では詳細は書きませんが、これを着色の際のクリッピングマスクのベースに利用しても良いでしょう。参考【講座/イラスト01_キャラクター2/2 着色編】
 後述のレイヤー変換の設定で、コピーを残した上での機能を適用もできます。

2-1.
その機能を利用するため、まず[1]で作成したベクターレイヤーをラスタライズしてラスターレイヤーにします。
右クリックから「ラスタライズ」かメニューの「レイヤー」>「ラスタライズ」
(ベクターレイヤーのままでも後述のレイヤー変換は可能ですが、それでは輪郭抽出にはならないようなのでラスター化を)
d026_2

2-2.
右クリックから「レイヤー変換」かメニューの「レイヤー」>「レイヤー変換」を選び、
d026_3
そのポップアップウィンドウの設定を、
・種類    ベクターレイヤー
・名前    (適当に任意で)
・表現色   カラー ←ちなみにここの設定で、モノクロや白黒(2値化)レイヤーに変換可能です。
・合成手法  通常

 ※レイヤーのコピーはここの「元のレイヤーを残す」にチェックを入れることによっても可能です。
d026_4
とし、さらに「ベクター設定」ボタンからベクターレイヤー変換設定をポップアップさせ、
・最大線幅  2px(最小値)
・補正    1
・濃度の閾値 127

 ※他はデフォルトで良いかと(必要に応じて適時設定)
d026_5
でOK、レイヤー変換のポップアップに戻りそこもOKとすると、下図のようにベクターで輪郭抽出されます。
d026_6
▲輪郭が(上記設定により比較的ベース線に忠実に)ベクターに変換されました。

d026_7
▲線の太さにばらつきがありますが、次で修正します。

3

このままでは線の太さにばらつきがあるので、
ベクターレイヤーの強みを活かし、それを修正します。
3-1.
線修正のサブツール、線幅修正cs_icon00(p)dの「一定の太さにする」にし、ブラシで修正範囲を指定、線幅を均等にします。
その上でさらに各種サブツールで適宜修正を必要に応じて行います。
d026_8
▲修正範囲をブラシ状に塗ることによって指定。
 ↓
 均等の線幅に修正。

応用として、結び目を見越したベース線を描き一連の変換後に内部を加筆したり、網目を作画したりできます。
d026_9
▲応用例:網目の作画にも。

この他にも、例えば断面が平べったい紐ならベース線作画時に「ペン」のカリグラフィを使ってみたり、
紐が曲がるときの厚みの変形を表現するため、一連の変換後に各種ツールで微調整したり等もできますし、
線状の対象でなくても抽出可能ですので、他の用途でも何かと使い出はありますね。
d026_a
▲例:カリグラフィで描いて変換。

今回の輪郭抽出は、ラスター形式であっても選択範囲の機能を駆使すればそれなりに可能ですが、やはり後から線幅等の修正がしやすいベクターで作業した方が便利かと思います。

asobi_pic

株式会社マール社について

美術やデザイン畑ならご存じの方も多いかもしれませんが、マール社は主にそういった関係の書籍の出版社です。
たまたま現在(2015-06-03)40周年とのこと、いつか触れるつもりでしたが、いい機会なのでこちらについて書きたいと思います。

その記念でキャンペーンをやっていますね。
以下、マール社サイト(最新更新日2015-05-31)より引用

おかげさまでマール社は40周年を迎えました。日ごろの感謝をこめて、ただ今マール社のHPから代引きで書籍をご注文されたお客様には『特製 マール社缶バッジ』をプレゼントします!無くなり次第終了となりますので、お早目に!!

 

頭では美術やデザイン畑と書きましたが、それ以外にも漫画やイラスト作成向けにポーズ集や背景カタログ、他に陶芸や書道向け等もあります。
○○向けと書きましたが、大きい括りで言えばどれもグラフィック資料として他のジャンルでも互いに活用できますね。
媒体は書籍だけではなく、CDやDVD-ROMもあります。

web上で画像検索が出来るようになって久しく、参考資料としてそちらを利用することも多いですが玉石混淆になり取捨選択に苦労することもありますので、こういった専門書の有用性は昔ほどではないにしろ保たれているかと思います。
d025_0
▲手元にあるマール社の書籍の一部。

こからは半ば思い出話ですが、私が最初に手に入れたマール社の本は『ペンで描く』(A・L・グプティル著)だったかと思います。
もうかれこれ30年ほど前のことですが、これの購入動機は美術書(純粋な美術の勉強)としてではなく、当時シミュレーションウォーゲームやテーブルトークRPG、そしてゲームブックにハマっていた関係から、洋風ファンタジーの挿絵に興味があり、そんな感じの絵が(多少)載っていたこの本を選んだと記憶しています。
この『ペンで描く』は現在何版かは分かりませんが、今日でも販売されていますね(これに限らず数十年現役の書籍も多いようですね)
d025_1
▲最初に手に入れた『ペンで描く』(1986年4月20日 第16刷発行)
 手持ちの中には1983年のものもありますが入手はこちらが先。

d025_2
▲余談ですがこの背表紙のマーク(マールちゃん)、版が逆(逆版)のようで表裏反転されていますね。右は『やさしい美術解剖図』のそれで、こちらが正しい版。
 ところでこの「マールちゃん」という呼称、公式Twitterのプロフィールにもそうありますが、いつ頃から名前が付いたんでしょう?

術書に限ったことではありませんが専門書は高価で、学生の頃はそうそう買えるものではありませんでしたので、
(ここの載っているマール社の書籍は、その中ではそれほど高いものではありませんが)
社会人になってから、特にゲーム業界でこのサイトの[設定画]にあるような仕事をするようになってから揃えるようになりました。
会社の経費で会社の資産として用意することはもちろんありましたが、書店で有用そうなものを見かけた時に買わないと手に入らないケースも多く、自分の資料として買うこともままありました。

その価格についてですが、今回これを書くにあたって調べてみたら、先の『ペンで描く』もその他も多くは改定されていませんでした。
以前の記事【画材/コピックとメーカーについて】でマービーマーカーやコピックの価格が20年以上変わっていないのにも驚きましが、こちらも古いものだと30年ほど据え置き価格のようですね。
d025_3
▲『ペンで描く』の当時の価格(消費税なし)は、現在も1800円(税別)で変わっていませんでした。

asobi_pic

情報/CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本(線修正ツール)

【講座/イラスト01_キャラクター1/2 ラフ画→線画編】で少し触れましたベクターレイヤーに関して、基本的な事柄に留まりますが書こうと思います。
コンピュータで扱う画像データには大きく分けてラスター形式とベクター形式の2つがあり、その後者の特性を活かした機能になります。
両者の違いについての説明は【情報/画像データにおけるラスターとベクターの違い】をご参照ください。

C

LIP STUDIO PAINTのレイヤーでブラシや図形で任意の形状を描画できるものには、ラスターレイヤーとベクターレイヤーがあります。それ以外に色調補正レイヤー、べた塗りレイヤー、グラデーションレイヤー等それぞれの用途に特化したレイヤーもあります。

その名の通り、ラスターレイヤー上に描かれたものはラスター形式として、ベクターレイヤーはベクター形式で保存されます。
ただしそれはCLIP STUDIO PAINT独自のデータフォーマットであるlip形式での場合のみで、Photoshopのpsd形式等他の保存ではラスタライズ(ラスター形式に変換)されベクターの情報は失われます(psdのパスに変換されるような仕様はありません)
※lip形式でないと失われるCLIP STUDIO PAINT独自の機能の情報は他にも色々ありますが、ここでは省略します。
d024_0
▲ラスターレイヤーとベクターレイヤー、それぞれのアイコン。

クターレイヤーに描画された像は、制御点(点)とベクター線(線)に座標、方向、強さ、ブラシも形状等の情報を持っており、その点と線を編集することにより修正が可能です。
例えば線画を修正する時、ラスターの場合は現実の絵画と同様に線を消しゴムや上塗りで消してから描き直しますが、ベクターでは線そのものを操作できます。
また大きな曲線を描く場合など、制御点とベクター線を操作する特性上、基本的に迷い線は発生しないので素早く完成できます。
他にベクター消しゴム等、これならではの便利なツールの使い方も可能です(別の機会に書こうと思います)

※ペイントツールSAIをお使いの方には、ペン入れレイヤーと似たようなものと捉えていただければ良いかもしれません。
 それに比べるとCLIP STUDIO PAINTの方が図形にある程度強い等、違いもあります。
d024_1
▲制御点とベクター線で形状を制御(左:ブラシストローク、右:図形)
 Photoshopの用語に置き換えると、制御点=アンカーポイント、ベクター線=セグメントといったところでしょうか(役割が微妙に違うのでイコールではありません)

こで制御点とベクター線の修正方法の基本として、線修正ツールのサブツールについて触れます。
サブツールそれぞれにはツールプロパティによって詳細設定が可能ですが、そのあたりはまた別立てで記事にしようかと思います。

線修正ツールのサブツール(並び順は自分の使いやすいように変えています)
d024_2
▲各サブツール。[]で囲まれている文字や記号はショートカットキーのメモ。

A.cs_icon00(p)a制御点(制御点の移動、追加、削除等々)
 制御点一つずつについて編集できます。
d024_3
▲制御点ごとに操作可能。制御点が多いと編集が大変。

B.cs_icon00(p)bベクター線描き直し(既存の線の軌跡を修正) 
 直感的に線の軌跡を描き直し出来ますが、ツールプロパティが無設定だと制御点がとても増えてしまいます。
d024_4
▲ベクター線を紐をいじるように操作可能。

C.cs_icon00(p)cベクター線つなぎ(離れたベクター線を連結)
 ブラシ状のカーソルでなぞった範囲(ブラシサイズ設定可能)内にある離れたベクター線同士を連結。
d024_5
▲単純に線端の制御点同士をつなげると言うわけでなく、適宜制御点が追加されるようです。

D.cs_icon00(p)d線幅修正(軌跡を変えずに線の幅を修正)
 ブラシ状のカーソルでなぞった範囲(ブラシサイズ設定可能)内にあるベクター線の太さを、指定幅(絶対値)、指定倍(相対値)、一定の太さで増減が可能。
d024_6
▲修正した制御点と修正のなかった制御点の間は自然に均されます。

E.cs_icon00(p)eベクター線幅描き直し(軌跡を変えずに線幅の描き直し)
 D.と似ていますが、こちらは線をなぞって筆圧による幅の描き直しができます。
d024_7
▲線幅修正と違い、感覚的な修正が可能。要使い分け。

F.cs_icon00(p)fベクター線単純化(制御点を減らします)
 ブラシ状のカーソルでなぞった範囲(ブラシサイズ設定可能)内にある制御点を減らします。
d024_8
▲自ずとそれなりにベクター線の形状が変化しますが、大きなカーブなどはこれを行ってから操作したほうが手間がかからないかと思います。

G.cs_icon00(p)gベクター線つまみ(文字通り線をつまみます)
 ブラシ状のカーソルでなぞった範囲をつまめますが、前述違って「ブラシサイズ」ではなく「効果範囲」としてサイズをコントロールします。
d024_9
▲「ブラシサイズ」ならサイズ変更のショートカットキー(他のブラシ系ツールと共通)は効きますが、ここでは使えません。

H.cs_icon00(p)h枠線カット(漫画を描くときのコマの枠線の編集に使います)
 漫画作成支援機能につき、ここでは省略します。

のようにベクターを利用することによって、ラスターに比べ時間の短縮(時短)になる場面は多いですが、それによって画力やセンスが上がるわけではないので、時短になった分を自己向上に当てるような不断の努力は必要かと思います。
それでもなお誰でも出来るようになるわけではないのが、この業種に限らずですが厳しいところですね。

asobi_pic

情報/画像データにおけるラスターとベクターの違い

【講座/イラスト01_キャラクター1/2 ラフ画→線画編】で少し触れましたCLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーについて記事にする前に、画像データのラスターとベクターの形式の違いについて書いておこうと思います。
既に色々な情報源で触れられている事柄なので、ご存知の方は読み飛ばしていただければと思います。

ンピュータで扱う画像データには、
大きく分けてラスター形式とベクター形式の2つがあります。
ラスター形式
ブラシストロークや図形作成等の結果出来上がったピクセルの集まりで構成され、ピクセル一つずつの、
座標、色(や不透明度)等を記録してある形式で、
現実の絵画と近く、後述のベクター形式に比べ直感的で理解しやすいかと思います。
webブラウザで取り扱うことが多いデータフォーマットのjpeg、gif、pngが代表的でしょうか。
※ベクターの情報も内包して扱えるフォーマットもあります。PhotoshopのpsdやCLIP STUDIO PAINTのlip等。
d023_0
▲ラスター形式はピクセルの集まり。

ベクター形式
対してこちらは、ブラシストロークや図形等自体の、
座標、方向、強さ、ブラシも形状等を、アンカーポイント(点)とパス(線)に情報を持たせて記録している形式になります。
pdfやTrueTypeフォント、ポリゴン等がそうです。
※ラスターの情報も内包して扱える形式もあります。ポリゴンのテクスチャ等。
d023_1
▲ベクター形式のアンカーポイントとパス(Photoshop)

ただしベクター系式であっても、今日多くの場合、私達はラスターで出力されるディスプレイやプリンターの表示や印刷されたものを目にするので、ラスター形式に変換(ラスタライズ)されたものを見ています。
グラフィックソフトのツール機能の「ラスタライズ」をしなくても、OSなりがラスタライズしています。

れそれの形式には、得手不得手があり基本表裏のような関係ですが、
主だったものは以下、
ラスター形式
・実際の絵画と近く、直感的に描ける。
・広い面の塗りやグラデーションに優れ、写真や絵画を取り扱いやすい。
・拡大するとボケてしまう等、変形する度に像が崩れていく。
 ※昨今は高品位な拡大(アップサンプリング)が出来るソフトもありますが完全とはまだ言いがたいかと。
・ベクター形式への変換の精度が悪い。
d023_2
▲利点例。微妙な塗り加減を直感的に調整しやすい。

ベクター形式
・変形に強く、数値変更の結果を再ラスタライズするので基本的にアウトラインがボケない。
・後からストローク軌跡を帰る等、デジタルならではの編集ができる。
・その裏返しで現実にはないアンカーポイントやパスの集合なので、直感性に乏しい事がままある。
d023_3
▲利点例。ペン先の形状を変えずにストロークの軌跡を変更できる(CLIP STUDIO PAINT)

の呼び方として、主にラスター形式を取り扱うソフトをペイントソフト、ベクター形式はドローソフトと分けることもあります。
由来の一説として以下、Wikipedia引用

これは、画像編集ソフトがいち早く充実していたMacintoshにおいて、ビットマップ画像を編集するソフトの初期の代表格が「MacPaint」、ベクターイメージを編集するソフトが「MacDraw」という名前であったことに由来する。

 
前述のとおり、それぞれの形式をお互い内包することもできるようになって来てはいますが、別系統であることは変わりないかと思います。

代表的なペイントソフトは、やはりAdobe Photoshopでしょうか。私が使っている(いた)中では、Corel Painter、SYSTEMAX ペイントツールSAI、セルシス CLIP STUDIO PAINT、TAKABO SOFT EDGE2等もそうですね。
ドローソフトでは、やはりこれもAdobeのIllustratorでしょうか。
Illustratorはその「イラストレーター」という名前からいわゆるお絵描き用に感じるかもしれませんが、ペイント系のソフトのほうが直感的に描けますね。

以上を踏まえた上で、次回はCLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本、パスの操作に関して書こうかと思います。
アップしました→【情報/CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本(線修正ツール)】

asobi_pic