自前のホームページの思い出2/2

【ホームページの思い出1/2】のつづき

当時は、ホームページを見てもらいたかったら自ら検索サイトに登録するのが一般的だったと思います。
例え自動巡回ロボット系の検索エンジンでも登録手続きをしていたと記憶しています。
確かInfoseekあたりに登録しました(ちなみにGoogleはまだありませんでした)
それ以外にYahoo!にもしましたが、こちらは申請を受けてから担当者がホームページの内容を確認して登録という流れで、審査みたいなものがありました。

加えて、所謂お絵描き系の検索サイトも、以下の2箇所に登録していました。
TINAMI
サーファーズパラダイス
今日でも両サイトとも形態は多少変わったにせよ健在ですね。

お絵描き系サイトや他の方のリンク集ページに置いていただくために、↓こんなバナーを作っておくのがお約束でした(懐かしんで再現してみました)
っと過去形で書いてますが、今も使っているところはありますね。
kane-to_banner0 200x40px 256色gif
または
kane-to_banner1 88x31px 128色gif

↓そのバナーを集めた書籍やCD-ROM等も販売されてましたね。
 (自分のバナーも掲載していただき、謝礼として現物を頂戴しました)
d002

asobi_pic

自前のホームページの思い出1/2

以前のノート【このサイトの作成方法概要】でもちょっと触れましたが、
私はその昔(90年代後半頃)に、趣味のお絵かき系ホームページを持っていました。

その作成方法は、テキストエディタの秀丸でHTMLファイルを解説本片手に直接編集していました。当時から既にホームページビルダー等作成支援ソフトはありましたが、細かい調整がしやすかったのでそのようにしていました。
CSSも満足に無かったので意図に近いレイアウトにするのに苦労したものでした(スタイルシートは非推奨って風潮で、使用するなら「一部スタイルシートを使用していますので未対応ブラウザではレイアウトが崩れる可能性があります。 」といった文言をいれてたと思います)
d001
▲当時の解説本

掲示板も設置していましたが、プロバイダが提供するような出来合いのもはカスタマイズ性は高くなかったので、自前のcgiを置けるスペースを別途借りて、Perlプログラムのソースをおっかなびっくり編集し使っていました。

つづく→【ホームページの思い出2/2】

asobi_pic

このサイトの作成方法概要

概要をざっと触れるだけですが、
このサイトはレンタルサーバー上に置いたCMS(コンテンツマネージメントシステム)のWordPressを、プラグインで機能拡張したりテーマのスタイルシート等をテキストエディタでカスタマイズしてこのデザインにしています。
私は以前、趣味でサイトを作っていましたのでHTMLとCSSはそれなりにわかりますが、PHPはさっぱりなのでその辺りは見よう見まねで少しだけいじっています。
WordPress_logo

ちなみに前述のレンタルサーバーは、
このサイトのドメインkane-to.comのWHOIS情報を検索すると登録代行者でわかりますが、エックスサーバーというところにお世話になっています。
(※登録代行者が必ずレンタルサーバー業者と限るわけではありません)
ここのWordPress自動インストールと、それ関連のセキュリティを利用しています。
これ以前に2社ほど試しましたが、ここに落ち着きました。

WHOIS情報ですが、代行にしていないと独自ドメイン登録の時に入力した個人情報が丸見えになってしまいますので、注意が必要ですね。

asobi_pic

『かねト商店』名称の由来

『かねト』とは屋号(のマーク)で、矩(かね)+カタカナのトです。
過去に存在した、とあるお店から発想を頂戴しました。

↓絵にするとこうなります。
kane-to_mark

↓ブラウザのブックマーク等の横につくFavicon(ファビコン)の図案としても利用しています。
favicon

asobi_pic

Hello, world!

初めまして。
もしくは、お世話になっております。

フリーになってかれこれ5年、少しずつ準備しておりましたが、この度サイトを立ち上げることといたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

ここ[ノート]では、本サイト掲載の作品の詳細説明をはじめグラフィクに関するTipsや、その他趣味趣向や日常の取り留めもないお話などをアップしていくつもりですので、お付き合いいただければ幸いです。

asobi_pic