画材/紙と鉛筆について

今現在はラフや線画の段階からデジタルで描いていますが、以前は線画は後述の鉛筆、着色はコピックスケッチといった感じでアナログでした。
このサイトにも幾つかその頃の絵が載っています(例えば【詳細/設定画04_建物外観】
ある時期から着色はデジタルに、しばらくしてから線画も移行しました。

アナログで線画を描いていた頃は、
紙はコピーしたときに格子が写らないグリッド紙、鉛筆はSTAEDTLER製の芯ホルダー(濃さは2B)を使っていました。
ペン先が丸くなってきたら芯研器(鉛筆削りのようなもの)で尖らせていました。
d006_0
▲芯ホルダーと芯ケースと芯研器

あと消しゴムは、細かいところには電動消しゴムを使っていました。
d006_1
▲電動消しゴム

asobi_pic