画材/コピックとメーカーについて

コピックは1987年に株式会社Too(当時は株式会社いづみや)より発売されたマーカーです。
株式会社Tooサイトより引用

そして、コピー機がデザインで使われるようになった時代の求めに応じて登場してきたのが“トナーを溶かさないマーカー”「コピック」。コピー機で出力したものに着色する、というコンセプトで登場した製品でした。
その後、色数やバリエーションも増え、グッドデザイン賞も受賞、現在世界48ヵ国以上の方々に愛用されているロングライフデザイン製品に成長しています。

 
1993年にコピックスケッチが発売になり、これにはスーパーブラシニブ(筆ペンのような弾力のあるブラシ)が採用され、塗りムラも出づらくなったのでその頃から使うようになりました。
これより前に使っていたマーカーはマービーマーカーで、それに比べると高価でなかなか手が出せませんでしたが、それだけのことはある逸品でした。
マービーマーカー 単品 90円
コピックスケッチ 単品 380円
(共に当時の価格。税抜き)
 →ふと現在の価格を調べてみたんですが、なんと両者とも変わってないようですね。

マービーマーカー以外にも、ポスターカラー、リキテックス、透明水彩絵の具等を使っていましたが、こちらもコピックやデジタルに変わっていきました。
私の場合、ゲーム業界ではパッケージ等印刷物用を除き基本的には最終的な商品までデジタル絵ということもあり、徐々にそちへ移行しましたが、今日でも当マーカーを使っている方は多いと思います。

株式会社Tooは主に画材の卸売をしている会社で、前述のとおり元々は株式会社いづみやという社名でした(1992年に変更)
実は私はゲーム業界に入る前は広告デザイン業界におりまして、備品の管理(新人の仕事)をしていた関係でよくいづみやさんにFAX等で注文をしたり、倉庫みたいな所へ商品を取りに行ったり(基本は配達していただけますが急ぎの場合)していました。

d009_0
▲コピックスケッチが発売されたばかりの頃の画材カタログ(消費税3%)

d009_1
▲そのカタログのコピックのページ

asobi_pic