講座/ドット絵05_キャラクターアニメーション1/2

キャラクター
【ドット絵05_キャラクターアニメーション】の手順。
こちらはPhotoshopにて、特に原画を用意せずダイレクトに鉛筆ツールを使い1ドット1ドット、マウスで打っています。
アニメーションもPhotoshopのタイムラインで調子を見ながら仕上げ、最終的にアニメーションGIFで保存しています。

今回のアニメは普通の歩行でなので私自身の慣れもあり直接ドット打ちしていますが、複雑な造形や動きの場合は簡単なラフ画を描きそのアニメを組んでみて、それを下地に進めることもあります。
d014_0
▲ラフ画を描いた場合を再現してみました。クリックでアニメーションGIFのファイルに移動します。

1

このアニメは8コマのループにすることにし、まずは1コマ分だけ基本ポーズとして「アンチエイリアスは入れずにラインとベタ塗りのカラー」(←これを「仮絵」と呼ぶことにします)の完成させます。
完成と言ってもこれからの仕上げの課程で修正しながら進めます。
この基本ポーズは、横から見た時に両足が揃っている直立に近いポーズを選びました。
d014_1_0
▲基本ポーズのライン取りとベタ塗りのカラーのみ。

2

次に他のコマですが、今度は1コマずつとばして4コマ分を仮絵で仕上げます。
※注:[1]で作成した基本ポーズは、作業の都合上2番コマとなっています。
普通の歩行なので足の流れだけ考えると、
0番コマ 左足が前。両足が前後に最もひらく。頭の位置が最も低い(4番と同じ高さ)
2番コマ 両足が揃う。頭の位置が最も高い(6番と同じ高さ)
4番コマ 右足が前。両足が前後に最もひらく。頭の位置が最も低い(0番と同じ高さ)
6番コマ 両足が揃う。頭の位置が最も高い(2番と同じ高さ)
となるので、それを踏まえて仕上げます。次の工程で中間コマを入れること考えて、高低2pxの差をつけています。
今回は単純に1コマ1pxずつ頭が上下していますが、もっと小さい絵だと2コマで1pxといった不規則な感じで調整することもあります。
※この頭の高さは現実ではそんなに上下していませんが、動きのデフォルメを加えています。
d014_1_1
▲4つのコマの仮絵。

3

[2]の4コマそれぞれの中間のコマを作成し予定の8コマにします。
この辺りはアニメ制作の原画と動画に似ているかもしれません。
d014_1_2
▲8つのコマの仮絵。クリックで前述のラフ画との比較アニメーションGIFのファイルに移動します。

この後、ベタ塗りの部分にハイライトや陰色を入れ、さらにその中間色ドットを加えつつ調整していきますが、
そのあたりは続きにて→【講座/ドット絵05_キャラクターアニメーション2/2】

関連して、PhotoshopでのアニメーションGIF作成については、
他のソフト(EDGE2)との違いやコンシューマ機のお話も含めて、後日もう少し詳しく書こうと思います。

asobi_pic