情報/画像データにおけるラスターとベクターの違い

【講座/イラスト01_キャラクター1/2 ラフ画→線画編】で少し触れましたCLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーについて記事にする前に、画像データのラスターとベクターの形式の違いについて書いておこうと思います。
既に色々な情報源で触れられている事柄なので、ご存知の方は読み飛ばしていただければと思います。

ンピュータで扱う画像データには、
大きく分けてラスター形式とベクター形式の2つがあります。
ラスター形式
ブラシストロークや図形作成等の結果出来上がったピクセルの集まりで構成され、ピクセル一つずつの、
座標、色(や不透明度)等を記録してある形式で、
現実の絵画と近く、後述のベクター形式に比べ直感的で理解しやすいかと思います。
webブラウザで取り扱うことが多いデータフォーマットのjpeg、gif、pngが代表的でしょうか。
※ベクターの情報も内包して扱えるフォーマットもあります。PhotoshopのpsdやCLIP STUDIO PAINTのlip等。
d023_0
▲ラスター形式はピクセルの集まり。

ベクター形式
対してこちらは、ブラシストロークや図形等自体の、
座標、方向、強さ、ブラシも形状等を、アンカーポイント(点)とパス(線)に情報を持たせて記録している形式になります。
pdfやTrueTypeフォント、ポリゴン等がそうです。
※ラスターの情報も内包して扱える形式もあります。ポリゴンのテクスチャ等。
d023_1
▲ベクター形式のアンカーポイントとパス(Photoshop)

ただしベクター系式であっても、今日多くの場合、私達はラスターで出力されるディスプレイやプリンターの表示や印刷されたものを目にするので、ラスター形式に変換(ラスタライズ)されたものを見ています。
グラフィックソフトのツール機能の「ラスタライズ」をしなくても、OSなりがラスタライズしています。

れそれの形式には、得手不得手があり基本表裏のような関係ですが、
主だったものは以下、
ラスター形式
・実際の絵画と近く、直感的に描ける。
・広い面の塗りやグラデーションに優れ、写真や絵画を取り扱いやすい。
・拡大するとボケてしまう等、変形する度に像が崩れていく。
 ※昨今は高品位な拡大(アップサンプリング)が出来るソフトもありますが完全とはまだ言いがたいかと。
・ベクター形式への変換の精度が悪い。
d023_2
▲利点例。微妙な塗り加減を直感的に調整しやすい。

ベクター形式
・変形に強く、数値変更の結果を再ラスタライズするので基本的にアウトラインがボケない。
・後からストローク軌跡を帰る等、デジタルならではの編集ができる。
・その裏返しで現実にはないアンカーポイントやパスの集合なので、直感性に乏しい事がままある。
d023_3
▲利点例。ペン先の形状を変えずにストロークの軌跡を変更できる(CLIP STUDIO PAINT)

の呼び方として、主にラスター形式を取り扱うソフトをペイントソフト、ベクター形式はドローソフトと分けることもあります。
由来の一説として以下、Wikipedia引用

これは、画像編集ソフトがいち早く充実していたMacintoshにおいて、ビットマップ画像を編集するソフトの初期の代表格が「MacPaint」、ベクターイメージを編集するソフトが「MacDraw」という名前であったことに由来する。

 
前述のとおり、それぞれの形式をお互い内包することもできるようになって来てはいますが、別系統であることは変わりないかと思います。

代表的なペイントソフトは、やはりAdobe Photoshopでしょうか。私が使っている(いた)中では、Corel Painter、SYSTEMAX ペイントツールSAI、セルシス CLIP STUDIO PAINT、TAKABO SOFT EDGE2等もそうですね。
ドローソフトでは、やはりこれもAdobeのIllustratorでしょうか。
Illustratorはその「イラストレーター」という名前からいわゆるお絵描き用に感じるかもしれませんが、ペイント系のソフトのほうが直感的に描けますね。

以上を踏まえた上で、次回はCLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本、パスの操作に関して書こうかと思います。
アップしました→【情報/CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーの基本(線修正ツール)】

asobi_pic