情報/CLIP STUDIO PAINTに環境設定のクラウド保存が実装

本日(2015-06-30)リリースされたCLIP STUDIO(Ver.1.1.9)より、CLIP STUDIO PAINTのソフトウェア設定が「CLIPクラウド」上に保存できるようになりました。

「CLIP STUDIO」と「CLIP STUDIO PAINT」は紛らわしいですが、前者はCLIP STUDIO関係のツール(PAINTの他にACTION、MODELER、COORDINATE)の起動やその素材と作品を管理するソフトウェアで、後者はその内のツールの一つです。
本来なら「CLIP STUDIO」の「PAINT」とでも表現すべきかもしれませんが、公式でもその辺ははっきり分けていないようなので、当サイトでもそうしています。

※今回のクラウド保存は、ほぼCLIP STUDIO PAINT関係のみで、他のACTION、MODELER、COORDINATEは一部の素材のみ可能のようです。

境設定の他に、キーボードショートカットや修飾キー、ツール/サブツール、ワークスペース等々も保存でき、新しいPCへの移行や別のPCとの同期が容易になりました。
※全てが保存される訳ではないので、詳細は公式のクラウドご利用ガイドの「対象データ」の欄をご確認ください。
 特にWindowsとMac間の移行(同期)では、反映されないものがいくつかあるようなので注意が必要です。

加えて「CLIPクラウド」はソフトウェア設定以外にも、その容量(10GB)が許す限り、
素材(テクスチャ、パターン、3Dモデル等の全データ。個別指定不可)と作品(個別指定可)のバックアップとしても利用可能です。
d027_0
▲CLIP STUDIOの上部に「クラウドバー」が追加され、そこからクラウドの設定と操作が可能に

C

LIPクラウドを利用するには、前提としてCLIP STUDIOをログイン状態で起動している必要があり、そのためにはユーザ登録も必要です。
ユーザ登録さえしていれば特に追加料金は無く、CLIP STUDIO専用ではありますが10GBのスペースが利用できるようです。

■バックアップおよび同期設定
ログインした上で、設定ブロックをクリックし、
d027_1
「クラウド設定」画面で、「クラウド利用」と「ソフトウェアバックアップ/素材の同期」のラジオボタンを「利用する」に、合わせて必要に応じてバックアップしたい作品を個別指定します。
d027_2
これにより、ソフトウェアバックアップはCLIP STUDIO起動時に1日1回、素材の同期は起動時およびデータの保存時に自動で行われるようになります。
※作品と違い素材は全て同期されるので、初回で数の多い場合はそれなりの時間を要すると思われます(公式によると目安として素材数6,000件、回線速度が100Mbpsの環境で4時間程度)

また任意のタイミングでのバックアップおよび同期も、CLIP STUDIOの設定メニューから可能です。
d027_3

■ソフトウェアリカバリー
ソフトウェアリカバリーブロック(前述のバックアップにより最終更新日時が表示されるように)をクリックし、
d027_4
「ソフトウェアリカバリー」画面で、復元したいバックアップを選択します(タイムスタンプの他にPC名でも判別可能、最大30件)
d027_5

その他取り扱いには諸注意がありますので、詳細は前述のクラウドご利用ガイドをご確認ください。

今までは半ば手動(目コピー)で設定していましたので、これでかなり楽になり助かります。

asobi_pic