映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の思い出

今月の21日(2015年10月21日)は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(以下『BTTF2』)の劇中冒頭で、タイムマシンのデロリアンが1985年からやってきた日になります(現地時間)
今回はそれにちなんで、この作品の思い出を書きたいと思います(作品内容の感想や寸評ではなく、これにまつわる出来事についてです)

到着時間について詳しく書きますと、デロリアンの設定時刻は、
2015年10月21日午後4時21分
訂正:上記と書いておりましたがこれは日本語吹き替え(三ツ矢、穂積版)のセリフで、正しくは下記のようです。
2015年10月21日午後4時29分
となっており、(劇中でサマータイムが廃止されていないとして)舞台となっているカリフォルニア州がこの時間なら、日本では、
2015年10月22日午前8時21分
2015年10月22日午前8時29分
となります。

※自前で割り出したので、間違っていたらすみません。

 

めて『BTTF』の第1作を観たのは映画館ではなく、レンタルビデオで1986年か87年のこと、VHSで字幕版でした。
当時はどの作品も日本語吹替版は無かったと思います(子供向け作品にはあったかも?)、吹き替えはテレビ放送のみでビデオとは住み分けている感じでした。
ちなみにテレビで初放映されたのは1989年2月のようです(日曜洋画劇場、三ツ矢穂積吹替版)
d029_0
▲適当な資料が手元になかったので、代替として後述の『BTTF2』のパンフレット内のセルビデオ広告。
 第1作の頃のセルビデオは10000円以上していましたが、この『BTTF2』公開時期(1989年)には人気作品のみですが、この写真のような廉価版が発売されるようになっていました。

余談ですが、その頃はレンタルビデオ黎明期(少なくとも私の地元では)で、近所にレンタルビデオ店は無く、書店が副業的に取り扱っているものを借りていました。
料金は一泊二日で1000円くらいで、今の感覚からすると高額でめったに借りられませんでしたが、映画館と同じもの(テレビ放映は基本カットされていた)を、自宅で自分のタイミングで観ることができる贅沢品としての価格設定と、納得していたように思います。
その後数年もしないうちに330~500円くらいの専門店ができました。

の2作品はそれぞれ公開時(『BTTF2』1989年、『BTTF3』1990年)に映画館で観ました。
『BTTF3』の同時上映はモンスターパニックものの『トレマーズ』でしたが、『BTTF2』については覚えていません(無かったのかも)
この作品に限りませんが、この頃は混雑を避けるためによくレイトショーを利用していました。
今は分かりませんが、当時は人気作品なら週末ごとに上映終了が公共交通手段のない時間帯になるレイトショーがあり、流石にその回はだいたい空いていました(徒歩で帰りました)
d029_1
▲当時のパンフレット『BTTF2』 裏表紙はホンダ(ホンダベルノ店)のインテグラ(カッコインテグラ)

d029_2
▲同『BTTF3』 裏表紙は同様にインテグラ。
 このパンフレットのイラストはドゥルー・ストゥルーザンさんによるもので、これ以外にも様々な作品で有名な方ですが、本年7月にマール社より作品集の新刊が発売されました。

が前後しますが、初めて本作の内容に触れたのは前述の映像としてではなく、公開と同時期に東京創元社より発売されていたゲームブックだったかもしれません。
当時ゲームブックにハマっていた関係で、こういった映画を題材にしたものは珍しかったこともありネタバレ覚悟でプレイしたのだったかも知れません。
ゲームブックについてはまた別の機会に詳しく書くたいと思います。

 
以上、この映画について作品内容ではなく一連の出来事の思い出話でしたが、今後もこのような調子で他の作品に関しても折を見て挙げていきたい思いますので、よろしければお付き合い願えれと幸いです。

asobi_pic